株式会社DLP

〒153-0061

東京都目黒区中目黒5-28-17 ニチエービル2F

TEL    03-5704-8137 FAX  03-5704-8543

E-mail    dlp120@ybb.ne.jp

Line ID  dlp1200

400Mpaの高い曲げ強度

e.max プレス・インゴットは、従来のガラスセラミック(一般的な陶材は、約80Mpa)にはありえなかった曲げ強度400Mpaを誇る均一性の高いインゴットです。
 

天然歯に近い摩耗性

e.max プレスは高強度でありながら、天然歯に近い摩耗性を持っているため、例え対合歯が天然歯であったとしても、先行して摩耗するのはe.max製の補綴修復物になりますので、天然歯に優しい素材となっています。
また、より天然歯の磨耗を抑え、e.max製の補綴修復物側を磨耗させるために、ステイニングよりも厚めに、専用陶材であるe.maxセラム(強度:90Mpa)を盛られて、より患者様が負担を感じないように工夫する方法もあります。

 

高い透過性

e.max プレスは、高い透明度を持つ材料から、支台歯色をマスキングする材料まで、5段階の透明度HT、MT、LT、MO、HO)があり、失活歯をもつ患者さんに対しても光透過性の高い、天然歯のようなシェード効果をもつ、オールセラミックスの修復物を作製することが可能です。

e.maxの適応範囲

 

  • シンベニア(0.3mm)、ベニア

  • テーブルトップ(咬合面のベニア)

  • インレー、アンレー

  • パーシャルクラウン、クラウン

  ※連結は不可

e.maxの製作方法を大きく分けると、通常にWAXUPをしてのロストWAX法で専用ファーネスでPressをする方法と、セレックなどでブロックをCAD-CAMで削り出す方法があります。
当社では、Pressでの製作となりますが、シロナコネクトでの受注でCAD-CAMでの製作も可能です。
また製作法もレイヤリング法・ステイン法があります。

当社では前歯はレイヤリング、臼歯はステイン法(クラウン・インレー)で製作しております。

​前歯のステイン、臼歯のレイヤリングも製作可能です。

 

レイヤリング法

フレームにできる限りのサポート形状を付与して、カットバック部に専用陶材(e.max ceram)を築盛します。

ステイン法

wax形態をそのまま埋没、プレスをして専用ステイン材で色調を付与します。

当社では指定がない限り臼歯はステイン法で製作致します(レイヤリング法も可能)

モノボンドエッチ&プライム

e.maxは仮着出来ません

接着前にはモノボンドエッチ&プライムを使用して下さい。(ガラスセラミック用セルフエッチングプライマー)

monobond_e_p_produktbild_933x408.jpg

​咬合調整は試適時ではなく、必ず合着後にお願いします